スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も桃の袋かけ作業でした。

桃の木

まず、昨日はスミマセンデシタ。写真が見ずらかったですね。
そして袋かけはどうしてやらなければいけないのかお伝えし忘れました。
まず、直射日光から果実を守る。袋をかけないと果実がヒビ割れし商品になりません。
そして害虫から守る。8月に入ると蛾が発生し果実を刺します。翌日刺した場所から痛んできます。
そして雨から守る。葉と果実が雨に濡れお互いが接触しますとそこから腐敗してきます。
以上のことから袋は果実を守る役目があります。
今日の写真は袋かけの終わった木を撮りました。

ここ10日間雨が降らず少し心配です。桃の木に潤いを早く与えてあげたいです。
明日から週間天気予報でわ傘マークが目だちました。恵みの雨を期待します。

スポンサーサイト

コメント

なるほど…

本間さん、こんばんは。
なるほど…
様々な外的要因から作物を守る事は、
日々の積み重ねが大切なんだって
改めて感じました。
週間予報では週末に傘マークが
出てましたね。
待ち望んでいた分、恵の雨が降ったときの
喜びは増すと思います^^
自分も恵みの雨を祈ってます。

小さい時に食べた桃から、虫がニュロって出てきたことがあった(*´艸`)フフ
そういうのも、防ぐんですよね。
この頃、虫にも遭遇しないもんね♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://agurihonma.blog102.fc2.com/tb.php/4-da7e44ad

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。