FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田んぼの様子をしょうかいします。

正妙寺
今まで紹介しませんでした。すみませんでした。
桃の袋かけの仕事をしていた間も、田んぼの水管理は休まず続けていました。
畦を挟み左が私の圃場です。右の圃場と比べますと苗の本数は少なく、色は薄い緑です。
実は同じ日、5月12日に田植えをしました。私の圃場の苗はとても貧相に見えますが、
私は苗を1株に2~4本、隣は4~6本で田植えをしました。少ない本数で植えたわけですが、
苗が生育する段階で分けつを繰り返し本数を増やしていきます。最終的に同じ本数で比べた時に本数の少なく植えた苗のほうが茎が太くなります。茎が太い方が稲は倒れにくく、品質は良くなります。
そして、私の苗は色が薄いと言いましたが、それは、有機質肥料を使っている為です。
有機質肥料は肥料の効きが遅いため生育が遅くなります。その為周りの圃場より色が薄いのです。

本数を多くして植え、経済的な化学肥料を使えば作業効率が良く、費用を低くできます。
しかし、私は品質と、食味が良くなる事を考えて米つくりをしております。
手間がかかりますが、美味しいお米を作るためです。
スポンサーサイト

コメント

いよいよ田んぼの画像を公開されましたね^^
本間さんのお米に対しての思い入れ、
今後も興味深く拝見させてもらいます。
頑張ってくださいね^^

>苗が生育する段階で分けつを繰り返し本数を増やしていきます
分けつって、どういう意味ですか?
植える本数を時差で植えるのですか?
たぶん、違うんだろうなぁー?育ち方が違うから、収穫の時に難しから。。(゜_。)?(。_゜)?

手間がかかるって、聞いて特別な愛情が込められて育ってるって、分かりました♪ おにぎり食べてみたいなぁー(*´艸`)フフ

ありがとうございます。

分けつとは、1本の苗が成育しながら2本、3本・・・と子供を増やしていくことでその子供も大きく生育しながら分けつしていきます。
私の苗は最終的に25本前後めどに増やしていきます。
説明が下手でスミマセン、理解してもらえましたか?

ありがとうございます。
理解できましたぁー(*´艸`)フフ

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://agurihonma.blog102.fc2.com/tb.php/10-204b9808

 | HOME |  ▲ page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。